乾燥肌防止には乳液で保湿

肌質は人によっても大きく異なりますし、元々潤いのある普通肌だったという方も年齢を重ねたり、体のコンディションによっては肌質が変わってくる場合も少なくありません。

 

特に最近ではインナードライ肌という肌質の女性が増えてきており、肌表面だけ潤っているようでも肌内部では水分が足りていないため乾燥してしまっている『隠れ乾燥肌』の状態になってしまっているのです。

 

肌の潤いが失われてしまうと、皮膚は無理に肌を保湿しようとして過剰に皮脂を分泌してしまい肌がテカリやすくなってしまいます。

 

この状態が続くとメイク崩れが起こりやすくなったり肌のテカリが改善しないなどの肌トラブルも起こりやすくなるので、普段のスキンケアを見直す事により肌質改善を行う事が出来るようになります。

 

まず若いころと同じメーカーのスキンケア用品を使い続けているという方は少なくありませんが、確実に年齢を重ねた肌は水分量が失われやすくなっている特徴もあり、肌の乾燥が進行すると毛穴の開きやたるみ、肌の小じわなどの加齢トラブルを起こす可能性があるので、保湿に特化したスキンケア用品をしっかり利用する事をおすすめします。

 

またシミやそばかすに効果の高い化粧水や乳液なども充実していますので、早いうちに美白ケアを取り入れる事でシミが出来るのを遅らせるなどアンチエイジングケアにも効果が出てきます。

 

乳液を利用した後は潤いを閉じ込めるためにも上から保湿クリームで蓋をすると潤いが逃げずにとどまる効果があります。