乾燥肌と洗顔の関係について

乾燥肌のお手入れに洗顔はとても大事です。どんな洗顔剤を使うのか、保湿クリームはどんなものが良いのか?悩みは尽きないと思います。

 

しかし、それよりも重要な事として、洗顔の仕方も考える必要があります。

 

まず洗顔の際の水温ですが、人肌程度が良いです。具体的には30℃前後になります。熱いと表皮がたるみ毛穴が開いてしまいますので、肌から水分が抜けやすくなり、乾燥肌には悪影響をおよぼします。

 

また冷たい水ですと、今度は毛穴が閉じてしまいますので、洗顔の際に水分が肌から吸収できなくなってしまいます。

 

したがって人肌程度が適温になります。また、手の動かし方は優しく指で撫でるように動かします。

 

乾燥肌は何らかの代謝異常により表皮の油脂が保たれない肌ですので、ごしごしと擦ると必要な油脂まで流してしまう結果を招くのです。簡単にいえば人肌程度の水温で、指を使って優しく撫でる方法が基本になります。

 

そしてタオルで水分を拭き取りますが優しくポンポンと軽く叩くようにします。

 

乾燥肌に与えたせっかくの水分です、しっかりと拭き取る事は得策とはいえません。

 

表皮に水滴が見えなくなればそれで十分です。

 

したがって拭き取る時のタオルも新品よりはある程度使用し何回か洗濯したものをおすすめします。

 

新品のタオルは水分の吸収性が低い為、効率が悪くなってしまいます。少し柔軟剤を使って洗濯し、柔らかくなったタオルがベストです。

 

乾燥肌には刺激を与えることも良くありませんのでゴワついたタオルの繊維も控えたいものです。

 

乾燥肌の洗顔は適温で優しく撫で水分を拭き取り過ぎないことがポイントになります。