乾燥肌なら化粧下地にもこだわりを持つことが必要

乾燥肌の人は、肌の表面に使う化粧水だけでなくメイクをする時に使うファンデーションなどのメイク品にもこだわることが必要です。

 

良質の化粧品であれば化粧品の中に美容成分が配合されていることがほとんどですから、肌ケアにもつながります。

 

特にリキッドタイプのファンデーションは肌に脂分を補うこともできますし、また肌の表面に塗ることで紫外線から素肌を守ることができますから、夏場、肌を焼きたくない人やシミをつくりたくないような人にも良いです。

 

また、ファンデーションは化粧下地の効果が弱いとすぐに落ちてしまうので、化粧下地もきちんとフィット感があるものを選んでいくといいでしょう。

 

化粧下地も保湿効果があったり水分が保たれるものであれば乾燥肌のケアにもなるので良いでしょう。

 

また、化粧下地の場合、肌の色に合わせて濃いもの、薄いものが選べることもあります。

 

ですからそうした自分の肌色も考慮して選んでいくと失敗も少なくなって良いです。

 

化粧下地をすることなくファンデーションを直接肌に乗せてしまうとすぐにメイクが落ちてしまったり、きれいな状態を長時間キープできなくもなってしまいます。

 

長い時間キープできないような状態が続くと素肌が外気にさらされる時間も長くなることから、肌も乾燥しやすくなるでしょう。

 

化粧下地は乾燥を防ぐとともに、乾燥しやすい環境から素肌を守るにも大事なので、メイクをする時はきちんとつけていくといいでしょう。