乾燥肌でもニキビができる理由

皮脂はニキビの原因になると思われがちですが、皮脂には保護機能の役割があり、肌の健康を維持するには欠かせないものです。

 

では、なぜ皮脂がニキビの原因になるのでしょうか。

 

それには毛穴の詰まりが関係しています。

 

健康な肌では、毛穴から皮脂が排出されるので、皮脂が毛穴の中に留まることはありません。

 

ですが、角質が厚くなると、毛穴はふさがれてしまうので、皮脂が外に出ることができず、毛穴の中にたまり、そこからアクネ菌が繁殖して、ニキビが発生します。つまり、ニキビにつながる根本的な原因は、角質が厚くなることです。

 

角質内で水分と油分を適切に保たれていると、肌はごわつくこともなく、バリア機能も正常に働きます。

 

しかしながら、角質内の水分と油分のバランスが崩れると、乾燥肌へと傾き、バリア機能が低下します。

 

すると、肌を守ろうと、細胞が過剰に作られ、角質を厚くします。そして、これが毛穴の詰まりを発生させ、ニキビを引き起こします。

 

乾燥肌のニキビ対策では、角質を取り除き、肌が水分と油分のバランスを保つことができるようにすることが大切です。

 

そのためには、定期的にピーリングを行うのがおすすめです。肌に負担のかからないピーリング剤を使い、古い角質を取り除きましょう。

 

余分な角質が取り除かれると、その後のお手入れに使用する化粧品も浸透しやすくなります。

 

使用する化粧品は、肌への刺激が少ないセラミドや糖類、多糖類、アミノ酸などが配合されたものを使用するのがおすすめです。

 

また、化粧水だけではなく、油分の少ない美容液や乳液なども使用し、肌の保湿効果を高めることも、乾燥肌のニキビケアには大切です。